FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手押していただいてどうもありがとうございます! 楽しいゴールデンウィーク中にもしかして話が暗すぎるんじゃ、と思ったりもしたのでほっとしました。 以前書いた話への拍手もありがとうございました! 
繰り返しになりますが読んでいただけて本当に励みになっています。


ヴァイル祭が開催されて早くも一週間、そろそろ見ていないものの方が少なくなってきていて「もっと沢山見たい」と思いつつ「でももったいない」の心の声に負けて一日一つペースで楽しんでいるこの頃。 別に全部見終わってすぐに無くなってしまう訳ではないのはわかっていても、お祭り気分をできるだけ長く味わっていたいというか。
やっぱりヴァイルは輝きと華が違うな。 レハトの見出された状況と立場を考えればどのキャラにとっても運命の出会いではある訳だけど、ヴァイルとレハトって改めてお互いにとって特別な存在だよなあ、と再認識。

美術館でのまぶしい表情の数々にああこんなかっこよくて可愛いヴァイルに憎悪エンドへの道を歩ませたりして申し訳なかった…! と反省した直後に、図書館で憎悪B後の関係の捩じれようと愛憎っぷりにやっぱり監禁エンド最高だよね!とテンション上がってぐっと拳を握ったり。
どうしてもヴァイル憎悪Bというとつい条件反射でかっさらう方向ばかり妄想してしまうんですが、そっちにばかり気が行って単体での憎悪Bを堪能しないのはもったいないなと今回しみじみと思いました。   

ここしばらくはずっと女ヴァイル万歳だったけどそうだ、初めて目にした時に男ヴァイルが余りにイケメンで今みたいに衝撃を受けたんだった、と思い出したり、でもやっぱり女ヴァイルも未分化ヴァイルも捨てがたい、と無意味に迷ってみたり、一人のキャラクターの魅力に存分に浸れるのはこういう企画ならではですよね。
こんな素敵なお祭りを見る事が出来るのがただただありがたいです。
 

カビ祭の時にも増して着せ替えが力作で凄いですね。 ただトッズなら結果どんな姿になってもあーあー、って笑って終われてたのが、ヴァイルだと別に変な格好になってなくても妙に後ろめたいような気持ちになるというか「タナッセに知られたら物凄く怒られる様な気がする…!」みたいな訳のわからないスリルを勝手に感じてしまうのは何故だろう。  
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。