FC2ブログ
暑いですね。暑いです。 またしても物凄く更新の間が空いてますね。 そして去年に続き甚だしい遅刻ですが、かもかて六周年おめでとうございます。

六周年。 つまりトッズ (自称二十歳) がトッズ (自称二十六歳) になってる頃なわけですねー。
でもそう書くと途端にどうでもいい感がでてきちゃうな。 おかしいな。

それにしても六年もたつとなるとトッズの場合、まずちゃんと命があるかどうかが心配。
下手すると愛情Aエンド後ですらどうにかなってそうで怖いんだよなあの人。 
重要イベント起こさずに最後の日まで行った場合のキャラなしエンドとかはかなり危なそう。
その点一心同体の愛情Aエンドとか、好愛と印愛が20以上30未満ぐらいで迎える友情Aエンドだったら、色々安定してそうだし大丈夫かな。

そういえば憎悪Bエンド後のトッズってその後どうなるんだろう。
“たぶん織り込み済み”って事は失敗したとは見なされないのかな。 でも目的は果たせてないしな。
立場が悪くなったりしないのかしら。

そもそもトッズってどういう感じで城に送り込まれてくるんだろう。
向こうサイドからしたらかなり急な話ですよね。 そんなにすぐに適した人材を用意できるもんなのかな。
「こんな重要な仕事は君にしか頼めない、任せた」 なのか 「お前なら失っても惜しくないから行って来い」 なのか。
それによっても大分違いそう。 

ああでも有能な人だったとしても基本は使い捨てだろうしなー…。 結局は死ぬ時期が多少変わってくるってだけかなー…。 
それこそ六年たった時点で存命かそうではないか、くらいの違いかなー……。
個人的には失地を回復してさあこれから! って意気込むレハトさんの前に立ち塞がって、漲る憎悪の中に確かな共感を滲ませつつ、末永くギスギスと争って欲しいんだけどな。



最後になりましたが拍手ありがとうございます! 
以前書いた話にも沢山頂いて本当に感激です。ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメント 0

新着記事一覧