FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陛下愛情ED、特にBは余りにも色々生殺し、と思ってたけど 良く考えたら神の国にさえ行ってしまえば時間は有りそうだしクレッセは追って来れないしできっとレハトにも充分チャンスが…!

出会いが二十年遅かった二人だけど、むしろ更に数十年後こそが勝負の時! かなり気長い話だなー。 それぐらい一途に追われたら流石の陛下も考えてくれないかなー。



…ただその理屈でいくと、印持ちとの憎悪EDはかなり怖い事になりますね。

ヴァイル憎悪Bの後、掻っ攫ってもらって愛する人と一生を全うしたのに、ふと気付くと一人見知らぬ場所に立っているレハト。 
背後からは足音。 「…あんたのお相手にも印がついてれば良かったのにね…?」確かに聞き覚えのある声に恐る恐る振り返った視線の先で薄暗く笑うその姿は…! とか。


寵愛者だけとも限らない恐れも。 
ティントア裏切C後はED同様に先回りされてる気がしてならない…。 
偉い神官や英雄が神の国に行けるなら裏切Cのティントアは絶対史上最高の大神官長とかになってる筈。 

印愛が反転してなければまだしも、反転済みだったら…





グレオニーとルージョンに癒されたい気分だったので、グレオニーは愛情A+ヴァイル憎悪B、ルージョンは…殺害A、D、更にティントア憎悪A、B、殺害Aを見ました…。


何だろうな、最初はこんなつもりじゃなかったのにな…。


いつもは市があると中庭に行けないって文句言うのに、レハトが店の手伝いしてたらわざわざ覗きに来てくれるルージョン可愛過ぎ、幾らお兄さんでもルージョンは渡さん、位の軽い気持ちがこんな血腥い結果に。 

それにしてもほぼ一回のプレイでこれだけ回収できるルージョンのルートは聞きしに勝る剣呑さ。 多分もっと上手くやれば更に後幾つか見られそうだし。 レハトも他キャラのルートでは考えられない程死ぬし。





だらだらとED感想を下に。




記念すべき初ヴァイル監禁+他キャラ愛情EDだったけど、流石にグレオニーには立場上荷が重過ぎるよね…。 せっかく優勝できて想いも伝わってめでたしめでたし、の筈が本人一切関係ないとこで一日にして覆っちゃうんだもんな。 自分がグレオニーだったらもう出家するな。


早々に逆らわずに衛士長に登りつめてから改めて…っていうのも無理か。 
貴族じゃないから後ろ盾ないし、その前に多分レハトとの関係が王の耳に入るだろうし。


決闘に勝ったら勝ったでやっぱりED自体はヴァイルに取られて、レハトが男選ぼうが女選ぼうがEDロール一文で済まされて不憫。




ルージョンはEDより「逃げるその先」の衝撃の方が大きかったです。 
あの局面でのルージョンの優しさとか守りたかった筈の相手に庇われてしまう辛さとか、日頃あれだけ悪く言う神や双子への隠された思いとか、素の口調とか、どっちも選び難いしどっち選んでも悔いの残る選択肢とか、充分劇的な状景なのに更に現れる陛下とか、もう全てが、全てが本当に、

全ルートでルージョンが受ける肉体的精神的痛みの、せめて半分でもドゥナットに行けばいいのに…!


「最後の日」も切なかった。 どうにもならない喪失感。 初めて見たトッズ殺害Aを思い出す。 こちらは自分の選択に明白な落ち度がある分余計に。

「逃げるその先」→殺害Dを見た後だと、殺害Bのレハトはつくづくろくでなしですね。

殺害Aは後味悪い。 全くもって老魔女の仰るとおり。



ティントア憎悪はなあ…。 正直そんな事言われても、て気も。 いや大事なのもわかるんだけど、でもなあ。

殺害Aの、何もかも失くしたルージョンの心境とその後を思うと物凄く怖いけど、殺害しておいてその弟と堂々と結ばれようとするレハトさんが同じくらい怖いです。 怖えぇ。

将来ばれたらどうする気だろう。 でもあんな大事な場面で見捨てて帰ったからあの結末か。
愛情ED迎えた後、特にBの方だとルージョン完全に依存してそうだからどうにもならないかも。


背中に矢を生やしたり、腹に木片や見えない刃を頂戴したり、刺したり刺されたり、散々殺しては殺された今回のレハトさんの最終結果が飼い殺しってのも、もう。

どんだけ殺しが好きなのかと。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。