FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにトッズ友情ルートを一からプレイ。 お互いのドライさっていうか、潤いと信頼ゼロ感っていうか、このトッズが愛情ルートではあれか、っていうのを置いといてもやっぱり楽しい。


一緒に意外と見てなかったトッズ友情&愛情失敗、好感度が足りなくてEDに辿り着けないバージョンも初めて確認。

愛情失敗は成功のドラマチックな部分を薄ーくなぞってるのが泣ける。 トッズ自身の意識して無い、心のどこかの部分でちょっと思うところがあったりして欲しい。


でも個人的によりしんみりしてしまうのは友情失敗の方。 
レハトの印友が35以上な事位トッズの密偵眼なら見通せるだろうから、付け込んで取り入ってもいいだろうにな。 この場合はトッズの方がそこまで取引相手としてのレハトを信頼して無いってことなんだろうけども。


愛情にせよ友情にせよ、今すぐではないにしても 多分遠からず死んじゃうんだろうなー…と思わされてやるせない。 愛情ルートのレハトだと真に受けて準備万端整えて何年も待ってる可能性もあるのに。 
カビの癖に儚いってなんだよ…。



友情ついでにヴァイルに監禁されてみた。
 
先々波乱がありそうでこれも面白いなあ。 いろんな手段使ってレハトと接触するトッズと、それを足がかりに飼い殺しからの脱却と巻き返しを図るレハト。 で相手を誰よりも理解しながら腹の中で「こいつ気にくわねえな」ってお互いに思ってるとかもうなんかぞわぞわしますね。 楽しい。 数年後には国が大分荒れてそうだけど。


で、ヴァイルの好愛を落とす為に上げる作業中に初めてリネク桃が出てくるイベント見たんですが、このイベント凄くいいですね。

城の中の住人には何も知らないし出来ない、みたいに思われてそうなレハトが、それまでの暮らしで培った知識とスキルを発揮できてる所が。

もうちょっとヴァイルも感心してくれていいのにな。 そこだけが残念。
…憎悪ルートまっしぐらの途中で見たのはもっと残念。


そのまま愛情ルートなら二人で仲良く収穫とか、将来子供と一緒に木陰に座ってこの木の由来を桃を食べながら話してあげる二人とか、何か色々微笑ましい絵が浮かぶのに。


反転憎悪ED後だとヴァイルどうかな、放置かな。 「あの木が実をつける様になったよ。…そんなものすら自由に見られなくて悔しい?」 みたいな事言いながらわざわざレハトに差し入れ、とか。


…そんなこと考えてたら塔の窓から恨めしげに見つめるレハトの目の前で、木に登ってこれ見よがしに桃をむしゃむしゃ食べる猿蟹合戦なヴァイルが浮かんできた…。  

ぎすぎすはしてもドロドロじゃないな。 猿蟹だと。 解決しちゃうし。



スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。